各項目の測定方法

測定方法については説明動画を参考にしてください。

◆5m歩行◆

5m歩行の注意点
・利用者が7.5m地点の手前で歩行速度を落としてしまうと、正しい測定が行えません。
 そのためセンサーから8m程離れた位置まで、しっかり歩行して貰うように指示する必要があります。
・センサーの認識幅は基本的に変更する必要はありません。
 「利用者がまっすぐ歩きにくい」等の場合において、認識幅を広げることで、
 歩行に多少のふらつきがあっても認識できるように、調整することができます。
・認識幅を広げすぎると、測定の際に介助者を認識してしまい、正しく測定できなくなることがあります。

◆握力◆

◆片足立ち◆

◆CS30(立ち座り)◆

CS30について:センサーから1.5m程度離れた場合、15cm程度頭が上がるとカウントされます。
万が一カウントできていない場合は、<追加>をタップ、もしくはENTERキーを押すとカウントアップすることが可能です。

◆空間認識力◆